So-net無料ブログ作成

おそめ [書籍]


おそめ ― 伝説の銀座マダム (石井妙子著。新潮文庫)

昭和の薫りに満ちた一冊。
一気に読み終えた。

110314-1.jpg

京都の裕福な商家に生まれた主人公が、自らの意思で祇園の芸妓「おそめ」となり人気を極めたが、若くしてすっぱりと芸妓を辞め、木屋町の自宅を改造して小さなバー「おそめ」を開く。
そのバーが文化人(=死語!)に評判となり、彼ら達の後押しで京都中心地に本格的なクラブを開店。
やがてその文化人の後押しで東京・銀座へ進出して、京都と銀座の店を飛行機(昭和30年代の始め、東京〜大阪間の片道運賃が、大卒の一ヶ月の初任給より高い時代!)で往来した伝説の銀座マダム(=死語!)の物語。
表紙を開くと十数枚の写真が載っていて、写っている文化人は、
服部良一、吉井勇、丹羽文雄、川端康成、大佛次郎、小津安二郎、里見淳、白州次郎。
頁を捲ると、目次の章題にあがる名だけでも、門田勲、白洲正子、青山二郎、川口松太郎など。
さらに本文に挙がる名は、数えきれない。
京都と銀座の「おそめ」は、昭和の戦後の高度成長期を象徴したバーだった。

57年間、連れ添った「おそめ」の夫は、映画会社・東映のプロデューサー。
夫の前妻との娘は、映画産業が凋落していく時代に、東映の大看板女優として任侠映画の東映を支えて、後に梨園へ嫁いだ藤純子。

昭和の30年代、40年代の銀座のバー(クラブ)を知る、そして昭和の東映を垣間みる貴重な一冊で、これまでこの本を知らなかったことを恥じた。

文庫本を手に取ったら、頁の真ん中あたりにレシートが挟まっていて、余市駅前の書店のそれであったので、蒸溜所を訪ねた帰りの電車か、バスを待つ間に買った本だ。
電車やバスの待ち時間も、いいものである。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Nonjatta

初めまして。日本のウィスキーに関する英語のサイトNonjattaを運営しているクリス・バンティングと申します。麦溜さんのブログに載っていたオーシャンウィスキーに関する情報が非常に興味深いものでした。今Nonjattaでオーシャンウイスキーについて触れる予定なのですが情報源の一つとして使っても気になさらないとよいのですが。もちろんリンクはいたします。よろしくお願いいたします。
by Nonjatta (2012-03-28 11:49) 

Nonjatta

メールアドレスを忘れておりました。 chris_bunting@hotmail.com です。
by Nonjatta (2012-03-28 11:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。